統合自然医科学 インテグラシー

  • プレスリリース
  • 採用情報
  • オンラインショップ
  • インテグラシーカレッジ
  • ご予約・ご質問はお気軽に03-6339-5313
  • メールでお問い合わせ
  1. HOME
  2. インテグラシー 公式ブログ

ストレスの影響は人それぞれ
自分のタイプを知ってストレスと上手に付き合いましょう!

 

あなたは、仕事が終わったらすぐにリラックスした気分になることができますか?

 

「はい」の場合、ストレスと付き合い方が上手で、精神的にも安定している人が多く、性格が穏やかで、のんびり、マイペースなどの特徴があり、心理学ではこのような人を行動パターンBタイプと呼んでいます。

反対に、積極的で行動的、何事にも全力で取り組むような人はAタイプ。

Aタイプはストレスを受けやすく、狭心症や心筋梗塞といった心臓の病気などに、比較的なりやすいともいわれています。

 

 

そして一番やっかいなのが、怒りや悲しみなどの感情を表に出さず、内に秘めてしまうCタイプ。

ストレスを強く受けやすいのに、普段の生活では平静を装っているため、なかなか周りの人に気づいてもらえません。

本人さえ、自分がストレスを受けていると気づかない場合もあります。

次第に自律神経を乱して体調を崩すといった、うつ病などの心の病気にかかりやすいとされています。

 

メンタルの病気は、ガッツがない、心が弱いなどと言われがちですが、どのタイプになるかを決めているのは性格ではなく、性格の土台となっているもって生まれた気質という部分。

つまり、脳や免疫、ホルモンバランスなどの個性の仕業なのです。

Aタイプの人も、Cタイプの人も、ストレスを受けやすいことを認識し、ストレスをケアするように生活することが大切です。

ストレス社会によって頭ばかりが疲労する、やがて頭も体も疲労困憊という日々から抜け出すことが可能になります。

自分をよくみつめて、頭も体も喜ぶライフスタイルにチェンジしていきましょう!

 

 

ここのところ体調不良が続いている方

腸内環境を整えて免疫力をアップさせてみましょう!

 

子供も大人も最近は食べ物にアレルギーを持つ人が増えてきました。

 

アレルギーには大きく分けて即時型アレルギーと遅延型アレルギーと2つがあります。

即時型は花粉症やじんましん、アナフィラキシーショックなど、すぐに症状の出るアレルギータイプで、病院などで行われているアレルギー検査はこの即時型を調べるものです。

 

一方、食物を摂取後、数時間から数週間後に症状が出現する食物アレルギーがあります。

これが遅延型アレルギーです。

ある食物を食べると、激しい症状は出ないけれども、なんとなく具合が悪くなると思ったことはないでしょうか。

例えば、肩こりや頭痛、疲労感、便秘や下痢、肌荒れなど。

誰も経験したことがある不定愁訴がじつは食べ物による反応、つまり遅延型アレルギーかもしれないのです。

 

 

アレルギーとはそもそも体の免疫反応であり、異物が体に入り込んだときに起きる防御反応です。

最近、遅延型アレルギーを調べる検査機関も出てきましたが、検査で判明した食物が常にアレルギー反応を引き起こすとは限らず、さらにまったく別の食べ物によってアレルギーが起こる場合も少なくありません。

 

なぜこのようなことが起こるかというと、それはストレスや腸内環境、そして抗生物質の薬などがアレルギーに深く関与しているからです。

無害な食べ物であっても有害となるのは、消化機能に問題が起きているからといえます。

 

免疫と深い関わりがある消化機能。

自分がもっている消化液や消化酵素など体内の体力、ストレスの適応力を知ったうえで、健康な消化機能を保てるようにしていくことが大切です。

 

アナタの体を支える大事な骨。いつまでも頼りにできる骨を
保つための生活術を身につけよう!

 

骨粗鬆症は、骨の中のカルシウムが失われ、骨がスカスカになり、もろくなった状態のことをいいます。

骨粗鬆症になると、軽い衝撃でも骨折する危険性が極めて高くなります。

初期段階では、自覚症状がなく、骨折したり、痛みや変形が起きて初めて気づくケースも少なくありません。

 

原因には、カルシウム不足、ビタミンDの減少のほかに、骨粗鬆症が女性に多い病気である所以としてホルモンも大きく関与しています。

閉経後、エストロゲンというホルモンの分泌が急激に減少することで、破骨細胞(骨をこわす細胞)の働きが強まり、骨からカルシウムが血中へ溶け出すため、おのずと骨密度が低下してしまいます。

 

実は、30歳を過ぎると骨密度は減少し始めます。

ですから、まだまだ先のことだからと油断せずに、日頃から予防に努めることが重要です。

バランスの悪いダイエットや偏食によって、カルシウムやビタミンDの摂取が不十分だと最大骨密度が低く設定され、リスクはさらに高くなります。

 

カルシウムの供給源として、牛乳や小魚などを積極的に食生活に取り入れましょう。

しかし、カルシウムだけを大量を摂取し過ぎると、血管内のカルシウムが動脈硬化を引き起こし、心臓や脳の大きな血管に重大なダメージを与えることもあるので、適切な量のカルシウムと同時に、骨代謝に必須の栄養素であるビタミンDやビタミンK、マグネシウムも忘れないように摂取することが大切です。

また、リンを多く含む食品などはカルシウムを排出してしまうので、注意が必要です。

 

いつまでも健やかな生活を続けられるよう、骨密度を意識した生活を心がけましょう。

 

 

オン・オフを巧みに使い分けるライフスタイルが

脳梗塞や脳出血を防ぐ手立てとなる?!

 

脳の血管になんらかの障害が発生する「脳血管障害」はとても深刻な病気です。

脳血管障害には、大きく分けて、脳の血管が詰って脳の組織に酸素や栄養素を供給できなくなると脳梗塞と、何らかの影響で血管が破裂して脳内に出血が起きる脳出血があります。

 

脳は神経ネットワークを統括し、言語・感覚・そして感情や欲求といった人間本来の機能が集結した場所です。

そのため、脳に障害が起こると言語障害や感覚麻痺などのトラブルが出てきます。

 

 

脳の血管は脳の組織を包み込むように複雑に張り巡らされていて、伸ばすと約600キロメートルにもなるといわれています。

この血管網が脳の中にギュッと密集しているのですから、血管に負荷がかかりやすいのも当然といえるかもしれません。

 

しかし、普段から血管への過度な負担を避け、脳の血流を整えておくことで、脳梗塞や脳出血といった深刻な事態を防ぐことも可能です。

 

まず、食事と運動。

血管の弾力性、良質な血液と適正な血液量を実現するためには、バランスのよい食事や運動習慣を心がけることが大切です。

 

そして、さらに重要なポイントとして、ストレス・感情のコントロールが挙げられます。

不安や緊張・闘争状態といった激しい感情を長く持ち続けると、脳の神経ネットワークに負担をかけ、その負担がさらに血管の負担へと移行していきます。

 

脳は集中することも特技ですが、休むのも特技。

闘う(ON)状態が続いたら、リラックスする(OFF)時間をとることで、脳は本来の機能をより発揮してくれます。

 

あたなも、脳のスイッチを意識したライフスタイルを今日から始めてみませんか?

 

 

 

 

 

高血糖によりダメージを負った組織にも可能性を与える

抗酸化作用の威力に注目!

 

糖質はカラダのエネルギー減として、なくてはならない大事な栄養素です。

 

ブドウ糖を細胞内に取り込むとき、すい臓から出る「インスリン」というホルモンが必要です。

しかし、糖尿病の場合、十分なインスリンを作れないか、または細胞がインスリンに対して反応できない状態(インスリン抵抗性)により、血液中のブドウ糖を細胞内に取り込むことができず、その結果、血液中にブドウ糖があふれる状態となり、高血糖となるのです。

高血糖の状態が長時間続くと糖尿病へ進展しがちなだけでなく、過剰なフリーラジカル(酸化の連鎖)が生じて、細胞を老化させてしまいます。

 

このフリーラジカルと戦ってくれるのが抗酸化物質。

なかでもアルファリポ酸は、糖尿病の患者さんに光を与えてくれる抗酸化物質です。

 

 

その理由は、アルファリポ酸が水溶性でも、脂溶性でもないという点にあります。

多くのビタミンは抗酸化作用を持ちますが、血液などの水系の体液にしか溶けない水溶性と、脂肪にしか溶けない脂溶性のものに分かれ、体内の隅々まで行き届かないという制限があるのです。

しかし、アルファリポ酸は水にも脂肪にも溶けるので、脳脊髄液や血液、体脂肪、各内臓、骨や関節などの細胞に行き届き、酸化の連鎖から守ってくれるのです。

その効果は、すでに一度破壊されてしまった神経線維の再生を促進するほどともいわれています。

 

このアルファリポ酸は、現在病気を患っていなくても、カラダの酸化が心配な方にもおススメです。

細胞の老化を防ぎ、夏に負けない体づくりを心掛けましょう。

 

自分の体質・気質に合った食材を取り入れた食生活が

便秘解消のカギとなります!

 

どんなに十分に食物繊維を摂っていたとしても、お肉やパンをたくさん食べているとしたら、あなたの便秘はなかなか解消されないでしょう。

 

それは、たんぱく質が原因だからです。

肉類がたんぱく質であることはご存知でしょうが、じつはパン類が曲者。

本来、パンは炭水化物ですが、作る工程で捏ねることによりグルテンというたんぱく質が増えてしまいます。

 

たんぱく質の消化は胃から始まり、十二指腸、回腸へと渡っていき、吸収しやすいようにそれぞれの臓器から分解酵素が分泌されます。

たとえば、胃酸は肉類の消化に大きな効果を発揮します。

しかし、人には気質というものがあり、胃酸の量は気質によって決まっています。

もともと胃酸の量が多い人は肉類が上手に消化されやすく、たんぱく質がエネルギー源となりますが、胃酸の量が少ない人は、上手に消化されないためたんぱく質がカスとして残ってしまいます。
これが腸に溜まり便秘になってしまうのです。

同様に、パン類に含まれるグルテンを分解するために必要な消化酵素も気質により分泌量が決まっています。

 

お肉もパンも大好きというアナタは、食べる量を減らして、消化機能の負担を取り除きましょう。

便秘はもちろんのこと体が軽くなり、動きやすくなるのが実際できるはずです。

 

 

また、十分な量の胃酸や消化酵素を持ち合わせていても、暴飲暴食や神経の緊張などは消化力を落とす原因にもなり、便秘を引き起こすこともあるので注意が必要です。

 

便秘解消には、まず自分の体質に合った食材を知って、正しい食生活を目指すこと。

そしてよく噛み、楽しく食べることでつらい便秘をスッキリと解消しましょう。

 

 

 

あなたの血管が危ない?!

動脈硬化の原因の第1位が高血圧です!

 

今月は血圧のお話です。

血圧は常に変動していていて、交感神経と末梢血管の収縮と拡張に関与するホルモンとの連係プレーによって調整されています。

通常、収縮期血圧が150、拡張期血圧が90未満に調整され、この範囲を超えた血圧が持続した場合を高血圧といいます。

 

高血圧は、食塩だけでなく、高脂血症や糖尿病、精神的・肉体的ストレス、アルコールのとり過ぎ、さらに喫煙、運動不足などさまざまな要因が考えられえます。

また高血圧は、心臓や脳の重い病気を引き起こす動脈硬化の危険因子の第1位であることから、血圧を適正に調節することはとても重要です。

 

 

高血圧の原因はさまざまですから、病院で処方されるお薬以外にも解決方法はたくさんあります。

たとえば、次のような栄養素を食生活に取り入れていけば、各々が持つ作用によって、血圧のコントロールが上手に図れます。

 

● たんぱく質(尿中へのナトリウムの排泄促進作用)

● 脂質(植物油に多いリノール酸、魚油に多いDHA、EPAなど多価不飽和脂肪酸には血中のコレステロールを低下させる作用や降圧作用)

● ミネラル(食塩による血圧上昇を抑制する作用)

● 食物繊維(果物や海藻に含まれている水溶性の食物繊維には、ナトリウムのふん便中排泄を促進する作用)

 

意外なことに、首と肩のコリも高血圧の原因になります。

筋肉が硬く収縮していると、血管も硬く収縮して高血圧を作ってしまうのです。

 

お薬に頼らず食生活やカラダのケアを行うことで、血圧を正常に保っていけることを知っておきましょう!

 

アーカイブ

カテゴリー

お知らせ・更新情報過去のお知らせ一覧

体に現れる様々な症状には、根本的な解決が必要です。

お客さまの声

お客さまの声をもっと見る

無料相談窓口03-5511-1591[受付時間] 11:00~20:00 (日・祝 11:00~19:00)[定休日]月曜日