統合自然医科学 インテグラシー

  • プレスリリース
  • 採用情報
  • オンラインショップ
  • インテグラシーカレッジ
  • ご予約・ご質問はお気軽に03-5511-1591
  • メールでお問い合わせ
  1. HOME
  2. インテグラシー 公式ブログ

いつもご愛顧いただきありがとうございます。

WEBの不具合により、 

HPにある『メール問い合わせ』からのメールが

届かなくなっております。

誠に恐れ入りますが、直接メールアドレスを入力し、

送信いただくか

もしくは

お電話にて問い合わせをいただけますよう

お願いいたします。

メール : house@integracy.co.jp

TEL          :      03-5511-1591

 

インテグラシーハウス スタッフ一同

つらい花粉症シーズンが到来、今年の予防策は?

 

いよいよ、花粉症シーズンがやってきました。

憂うつな季節を、今年からは花粉症を起こさない身体作りで乗り越えましょう。

 

花粉症は、身体を守る免疫機能が『花粉』に対して過剰に反応して起こる症状です。

じつは、その免疫機能の体内最大の重要器官といわれているのが『大腸』であることはご存知でしょうか。

 

約1兆個といわれている免疫細胞のうち、約6割が大腸に集まっています。

腸は食物を消化し吸収するだけでなく、食物に含まれるさまざまな細菌やウイルス、有害な異物を排除する役割も果たしています。

この『腸管免疫』は身体を守るためのもっとも重要な免疫システムといわれているのです。

 

一見、なんの関係もなさそうですが、大腸が元気であれば、免疫機能システムが正常に働いて、免疫の暴走を食い止め、花粉症になりにくくなるというわけです。

 

3号①

 

内臓の冷えやストレス、不規則な食事、暴飲暴食、睡眠不足は、大腸にとって大敵です。

大腸を健やかに保ち、腸管免疫を活性化させるために、

①腸内環境を整えるために善玉菌を増やす

②体質に合った適量の食事をよく噛んで食べる

③腸に刺激を与え、血液の循環を改善するためにお腹を温めたり、下腹部を軽くマッサージする

といったことから始めてみましょう。

特に寒い冬は、働きの鈍っている大腸を活性化させることがとても大切です。

 

お薬を服用しながら、マスクにサングラスで完全防備という花粉症対策もありますが、腸を元気にして免疫細胞の働きを正常させ、アレルギーになりにくい身体作りをはじめてみましょう。

 

3号②

 

冬太り ~冬の季節があなたの身体に与える信号とは!?~

 

1月はおせち料理に新年会と、何かと食事の機会が多く脂肪が気になる時期ですね。

暴飲暴食には気をつけたいものですが、食べ過ぎ以外にも「冬に脂肪がつきやすい」のには大きな原因があることをご存知ですか?

今回は気になる“冬太り”のメカニズムと、誰でもできる簡単撃退法をお伝えします。

 

元来、人間にとって冬は寒さと食料不足という悪条件が重なり、生き延びるためには過酷な時期。

そのため、この時期は消費エネルギーを抑えるように脳が指令を出します。

それにより血液循環は抑制され、新陳代謝や内臓機能が低下し、余分な脂肪はすべて蓄えられる状態になるのです。

つまり、“脳も肉体も省エネモードになる”ことで私たちは身を守ってきたのでした。

 

しかし、現在は冬といっても建物の中は暖かく飽食の時代。

つまりエネルギーは十分なのに、身体は省エネモード。

これが冬太りを生み出しているのです。

 

2号①

 

では、冬太りを防ぐにはどうすればよいのでしょうか。

 

それは、信号の司令塔である“脳を目覚めさせる”こと。

そのためには脳への血液循環の回復がキーポイントとなります。

つまり、身体を動かすことで循環機能が高まり、脳への新鮮な血液をたくさん流れ込ませ、脳を目覚めさせるのです。

それにより内臓への血流がよくなり、代謝があがります。

脂肪が燃え、筋肉は強く柔軟になり、骨は強く、関節が滑らかな細胞活発モードに変わるのです。

 

身体を動かすのが億劫なこの季節。

でもの、カラダのメカニズムを上手に使って、「省エネモード」の状態から「細胞活発モード」の信号へ切り替え、冬太りを上手に防ぎましょう!

 

2号②

 

 

 

いつもINTEGRACY HOUSE

ご利用いただきまして、

ありがとうございます。

恐縮ではございますが、

下記日程を年末年始のお休みとさせていただきます。

ご不便をおかけいたしますが、

よろしくお願いいたします。

年末年始お休み期間:2017年12月30日(土)~2018年1月4日(木)

INTEGRACY HOUSE 

スタッフ一同

宴会が多いこの季節、

不調のシグナルを見逃さないように気を付けましょう

 

食欲の空きが過ぎれば、忘年会や飲み会が続き、年末は目の前。

「おなかいっぱい」と言いながらも、目の前の料理やアルコールについついて手が出てしまう、そんな経験は誰にでもありますよね。

 

今回は食べ過ぎ・飲み過ぎと身体に発生する毒素との関連性についてお伝えいたします。

 

食べ過ぎ・飲み過ぎは、ご存じの通り胃腸の負担になります。

しかし、消化・分解のためには胃腸以外にも肝臓、膵臓、胆のうなどたくさんの臓器が活動しているのです。

また、それらの臓器は、消化・分解以外にもさまざまな働きを行っています。

なかでも肝臓は内臓の中で一番大きく、アルコールの分解、解毒作用、ビタミンやミネラルの貯蔵、血糖の調整などのほかに100以上の働きがあると言われています。

そのため、食べ過ぎや飲み過ぎで内臓をオーバーワークさせてしまうと、全身の働きに影響が及び、肥満や内臓脂肪の増加だけでなく、基礎代謝が落ちてしまうのです。

 

さらに、過剰に摂取された栄養分は、体内で十分な燃焼ができず、乳酸をはじめとする燃えカスのような毒素を発生させ、血液を汚してしまいます。

それにより、細胞の老化を早めてしまうのです。

しかも、血液が人体をひと周りするのに要する時間は約35秒。

つまり、食べ過ぎや飲み過ぎは、イチョウや内臓の機能低下だけでなく、短い時間で全身の血液を汚す最大の原因となっているのです。

 

1号①

 

元気な内臓は、毎日のほんのちょっとの心掛けで手に入れることができます。

①よく噛んで食べる。(唾液が分泌され、消化を促進するので、胃への負担が軽減されます)

②食べ過ぎたら腹式呼吸で自律神経をリラックスさせる。(消化器系は興奮状態よりもリラックス状態の時に活発に働きます)

 

もちろん、『食べ過ぎない、飲み過ぎない』が一番の予防法。

楽しく、美味しく食べるのをモットーに、くれぐれも食べ過ぎ・飲み過ぎにはご用心を!

 

1号②

美しい姿勢&動きのキーポイントは、大腰筋にあり!?

 

ポッコリお腹を何とかしなくちゃ…とつらい腹筋運動。

でも、腹筋を鍛えるより、実は大腰筋を活性化させるほうがポッコリお腹には効果的。

 

大腰筋は、腰の骨から伸び、内臓の下をくぐり、骨盤を通り、太ももの内側まで延びているとても長い筋肉です。

股関節を曲げたり、骨盤を安定させて姿勢を保つ役割を担っています。

直立歩行をする人間にとって、大腰筋はなくてはならない大事な筋肉。

歩く機能に必要なだけでなく、腹部の内臓を骨盤内にしっかり収め、すっきり引き締まったボディラインを作る役割も果たしているのです。

 

 

しかし、日常生活では座った姿勢で過ごすことが多いので、大腰筋も縮んだ状態が長く続いてしまいます。

だからといって、歩けなくなるという極端な事態にはならないものの、大腰筋が硬くなったり、弱くなったりすると、骨盤のゆがみにつながり、O脚、腰痛、腹部や鼠径部・脚の痛み、便秘、血行不良、むくみ、冷えなどの原因にもなりかねません。

 

ポッコリお腹を引き締めるだけでなく、こうした様々な不調を起こさないためにも、大腰筋を活性化させましょう。

なんといっても、骨盤まわりの股関節や臀部の筋肉を緩め、日常の動きやクセによる骨盤のゆがみやひずみを整えるメンテナンスケアを定期的に受けるのが効果的ですが、簡単なストレッチや腰部を冷やさない生活習慣を意識することも大切です。

 

大腰筋は大きなインナーマッスルでもあるので、使うことで脂肪燃焼にも有効。

さぁ、ポッコリお腹をすっきりさせて、颯爽としたウォーキングでみんなをアッと言わせましょう。

 

 

いつもINTEGRACY HOUSE

ご利用いただきまして、

ありがとうございます。

11月より

毎週日曜日・月曜日

定休とさせていただきます。

ご不便をおかけいたしますが、

よろしくお願いいたします。

<変更前>  毎週月曜日

<変更後>  毎週日曜日・月曜日

INTEGRACY HOUSE 

スタッフ一同

お知らせ・更新情報過去のお知らせ一覧

体に現れる様々な症状には、根本的な解決が必要です。

お客さまの声

お客さまの声をもっと見る

無料相談窓口03-5511-1591[受付時間] 11:00~20:00 (日・祝 11:00~19:00)[定休日]月曜日