統合自然医科学 インテグラシー

  • プレスリリース
  • 採用情報
  • オンラインショップ
  • インテグラシーカレッジ
  • ご予約・ご質問はお気軽に03-5511-1591
  • メールでお問い合わせ
  1. HOME
  2. インテグラシー 公式ブログ
  3. 目のケアは、お肌のお手入れと同じ。だから「乾燥は大敵!」

2017/05/01目のケアは、お肌のお手入れと同じ。だから「乾燥は大敵!」

うるおいのある瞳でメヂカラをアップしましょう!

 

目が疲れる、目が重い、目がショボショボする…など、そんな症状を感じたらそれはドライアイかもしれません。

 

ドライアイとは、涙の量の減少や涙の質の変化で、眼の表面の角膜や結膜に障害が起きた状態のこと。

涙の分泌が減って目を覆う潤いが不足したり、涙の蒸発が増えて目が乾くことで、いわば角膜や結膜の表面が肌荒れのような状態となり、眼の不快感や疲れなどの症状が現れます。

悪化すると、目の痛み、目を開けていられないだけではなく、頭痛、頭が重い、肩が凝る、気分が悪いなどといった全身の不調に発展する場合もあります。

 

30号①

 

 

原因としては、加齢による涙そのものの減少のほか、冷暖房の影響やパソコンやテレビ、携帯電話の画面などのモニターを見続ける生活で瞬きの回数が減ることなどが挙げられます。

さらに、涙の分泌には自律神経が深くかかわっています。

涙は悲しい時ばかりにでるのではなく、いつも目の表面を保護する役目を担っています。

涙の分泌は自律神経に支配されており、交感神経が優位だと分泌が減少し、副交感神経が優位だと分泌が増加します。

交感神経は緊張している時に、副交感神経はリラックスしている時に優位に働くので、緊張が続くと涙の分泌が抑えられ、目がどんどん乾いてしまいます。

 

日常生活でも、瞬きを意識的に増やす、パソコン作業の合間に他の作業を交え目を休ませる、疲れを感じたらコンタクトは使わない、目薬をさすなど、目を乾かさない工夫が大切です。

それに加えて、目の視神経がつながっている首のこりをケアで取り除き、リラックスをもたらすことで、目に適度な潤いを持たせ、輝きのある魅力的なメヂカラを手に入れましょう。

 

30号②

 

お知らせ・更新情報過去のお知らせ一覧

体に現れる様々な症状には、根本的な解決が必要です。

お客さまの声

お客さまの声をもっと見る

無料相談窓口03-5511-1591[受付時間] 11:00~20:00 (日・祝 11:00~19:00)[定休日]月曜日