統合自然医科学 インテグラシー

  • プレスリリース
  • 採用情報
  • オンラインショップ
  • インテグラシーカレッジ
  • ご予約・ご質問はお気軽に03-5511-1591
  • メールでお問い合わせ
  1. HOME
  2. インテグラシー 公式ブログ
  3. 2017年10月の記事一覧

いつもINTEGRACY HOUSE

ご利用いただきまして、

ありがとうございます。

11月より

毎週日曜日・月曜日

定休とさせていただきます。

ご不便をおかけいたしますが、

よろしくお願いいたします。

<変更前>  毎週月曜日

<変更後>  毎週日曜日・月曜日

INTEGRACY HOUSE 

スタッフ一同

なんとなく気持ちが晴れない・・・と思ったら

頸のコリをチェック!

 

脳に栄養や酸素、必要なホルモンを運ぶパイプの役割を果たし、神経の伝達経路でもある頸は「第2の脳」。

こり固まった状態が続けばさまざまな不調を引き起こしかねません。

最近、気持ちが滅入る、寝つきが悪い、頭が重い、肩がこる…そんな症状を感じている人は、もしかして頸のコリが原因かもしれません。

 

 

頭蓋骨内から出た神経は束になり、頚椎の間を通っています。

そこを取り巻く筋肉がこり固まってリンパの流れや血流が滞ると神経伝達物質がスムーズに運ばれません。

実はこの「神経伝達物質」は、気分の高揚・鎮静など精神状態にかかわる、とても重要な物質です。

そして、頸は神経や物質の大切な通り道でもあるのです。

 

そもそも人間の身体は頸がこりやすいようにできています。

起きている間、約5~6㎏の重さがある頭をずっと支え続けているので、無理もありません。

しかも、パソコン作業などで前かがみの姿勢で過ごすことが多い現代の生活が続くと、頸自体が前傾してしまい、通常の約3倍もの負荷が頸にかかってしまいます。

 

放っておくと深刻な事態を引き起こしかねない頸のコリ。

自分でできる対策としては、まずは温めることです。

緊張状態にある筋肉が緩和し、身体を緊張させる働きのある交感神経が鎮まり、リラックスさせる副交感神経が優位になります。

ホットタオルを頸に当てたり、入浴で全身を温めるのもよいでしょう。

 

ただ、頸とつながっている肩や背中は、なかなか自分ではケアしづらい場所です。

きちんとした知識、技術をもったプロの手によるケアをおススメします。

コリがつらいと感じたときは、サロンでのトリートメントで、大事な頸を労わってあげましょう!

 

 

お知らせ・更新情報過去のお知らせ一覧

体に現れる様々な症状には、根本的な解決が必要です。

お客さまの声

お客さまの声をもっと見る

無料相談窓口03-5511-1591[受付時間] 11:00~20:00 (日・祝 11:00~19:00)[定休日]月曜日