統合自然医科学 インテグラシー

  • プレスリリース
  • 採用情報
  • オンラインショップ
  • インテグラシーカレッジ
  • ご予約・ご質問はお気軽に03-5511-1591
  • メールでお問い合わせ
  1. HOME
  2. インテグラシー 公式ブログ
  3. 2016年07月の記事一覧

いつもINTEGRACY HOUSE

ご利用いただきまして、

ありがとうございます。

恐縮ではございますが、

下記日程を夏季休暇とさせていただきます。

ご不便をおかけいたしますが、

よろしくお願いいたします。

夏季休暇期間:8月22日(月)~8月24日(水)

INTEGRACY HOUSE 

スタッフ一同

手を使わないでいると、脳が退化するってホント??

 

「手は、第二の脳である」と言われています。

それは、大脳の中で指や手に関わる部分が全体の1/3と、脚や顔といった他の部分に比べて、特に広い領域を占めているからです。

つまり、手は脳の発達や活性化に非常に大きな役割を担っているのです。

 

大脳が手をコントロールする反面、手からさまざまな刺激は神経を通じて大脳へ伝わります。

その刺激によって脳神経細胞同士がつながり、この回路が増えていくことで、脳の成長が促されます。

幼少時の『手遊び』や、脳に障害を負った場合のリハビリテーションとして、手や指の運動が積極的に取り入れられていることからも、手と脳が密接に関係しているのがわかります。

 

手には運動機能だけでなく、温度・痛み・圧力を感じる触覚という感覚器としての役割を持っています。

これらをうまく機能させるには、手首から先にある27個の骨と筋肉、神経のバランスが重要です。

 

 

当たり前のように物を扱い、パソコンのキーボードを打ったり、ときにはジェスチャーのように表現の手段になったりと繊細な動きができる手ですが、疲れ知らずというわけにはいきません。

 

手の疲れや不調をそのまま放っておくことは、せっかくの運動機能や感覚器としての機能を低下させ、さらには脳の働きを低下させることにつながります。

手の不調の改善、手への刺激を行うことで、脳の血流を促進し、脳細胞を活性化、脳ストレスを軽減するほかに、本来の感覚器や運動機能が取り戻され、テニスやゴルフといった握る感覚が大切なスポーツの状態にもつながるかもしれません!

 

働き者の手だからこそ、正しいケアを取り入れて、脳のアンチエイジングも図りましょう。

 

 

お知らせ・更新情報過去のお知らせ一覧

体に現れる様々な症状には、根本的な解決が必要です。

お客さまの声

お客さまの声をもっと見る

無料相談窓口03-5511-1591[受付時間] 11:00~20:00 (日・祝 11:00~19:00)[定休日]月曜日