統合自然医科学 インテグラシー

  • プレスリリース
  • 採用情報
  • オンラインショップ
  • インテグラシーカレッジ
  • ご予約・ご質問はお気軽に03-5511-1591
  • メールでお問い合わせ
  1. HOME
  2. インテグラシー 公式ブログ
  3. 2015年11月の記事一覧

インテグラシー的 体操教室  トレ ”  

2015年12月 及び 2016年1月のお申込み、受付け中です!!

i

 

<12月テーマ> “NEW”  静的ストレッチ 動的ストレッチ

<日程>    2015年12月8日(火)      19:00~20:00

        2015年12月15日(火)     10:00~11:00

         2015年12月19日(土)      10:00~11:00          

 

<1月テーマ> “NEW”  スタミナアップ術

<日程>    2016年1月12日(火)       19:00~20:00

        2016年1月16日(土)     10:00~11:00

        2016年1月19日(火)     10:00~11:00          

 

<参加料金>  3,780円(税込) ※当日現金でのお支払となります

<場所>    インテグラシーカレッジのスペース内

DSCF1147


インテグラシー的 体操教室 トレ では

心身のバランスに必要な要素を保つことを目的としています。

新たに2つの要素加わりました

8つの全ての要素がバランス良く組み合わさることによって、ベストプロポーションを創ります。

今までご参加された事のある方、また初めての方も、お気軽にご参加ください。

 

石川院長がカラダの仕組みを基に、一人ひとりの身体の状態を分かりやすく説明いたします。

自分では気づきにくい身体の現状を再確認できますよ!

※ 身体の硬い方、未経験の方でも安心してご参加ください。

 

お申込みは、下記まで。

【 インテグラシー 】 

TEL 03-5511-1593 (受付時間 10~20時)

メール info@integracy.co.jp

定休日:不定休

離薬対策はじめませんか?

 

頭痛薬が手放せないということはありませんか?

頭痛、偏頭痛、生理痛など 鎮痛剤を用いている人は結構多いですよね。

薬を飲めば、すぐに治まるからそれでいいやと手軽に皆さん飲んでいるかと思います。

でも、気が付いてみると月に何度もその薬を手にすることありませんか?

長期的な薬の服用は体を冷やし、血流障害からいろいろな不調を引き起こします。

まずは頭痛薬を手放すヒントを聞いてみませんか?

今月11月は頭痛薬をやめたい人を対象に無料相談を行います。

担当は、自然療法医である当院長です。(当院長をクリック!)

あっ、頭痛以外にもこんな症状がある!なんてこともお話ください。

もしかしたら、その頭痛と関係していたり、もしくはその症状が原因で頭痛が起きているかもしれませんよ。

 

相談時間はお一人20~30分ほど。

当日でも空いている時間があれば、お受け出来ます。

土日などはご予約が混み合っていますので、あらかじめ早目のお申し込みをおすすめします。

 

【インテグラシー】

〒105-0003   東京都港区西新橋1-17-16 宮田ビル1F

TEL 03-5511-1591 www.integracy.co.jp

冬太りの予防法を知っていれば、食欲の秋もコワくない!

 

「寒いと動きたくなくなる」、これはれっきとした身体を守るためのメカニズムです。

動物に冬眠があるように、人間も寒いという状況に対して、

体力の温存をはかるために、体の動きを止める本能が働きます。

 

冬は、夏より外気温と体内温度に差があります。

その状況の中で、自分の体温を維持しなければいけないわけですから、エネルギーを作り出すチカラは、実は夏よりも高いのです。

つまり、夏より代謝がいいということになります。

そうは言っても、夏に比べて冬のほうが、体重も増えてしまうし、ボディラインも崩れている気がすると感じている方も多いのではないでしょうか。

 

12号①

 

それは、寒さによって筋肉が緊張して硬くなり、関節の動きを制限してしまうから。

これが、太る・ボディラインが崩れるという要因なのです。

筋肉が硬くなると脂肪がつきやすく、関節の動きが鈍くなると、その周りにある血管やリンパの流れが悪くなって、むくみやすい身体を作り出してしまうのです。

 

筋肉や関節は日頃から伸ばしていくことが大切です。

そして、筋肉が柔らかければ関節は非常に動きやすくなります。

 

気候もよく、寒さが増す前に、日常生活にストレッチを取り入れて、

体の柔軟性を保つことをおすすめします。

呼吸を止めた無酸素状態では、必ず筋肉が緊張し、体を伸ばすことに制限をかけてしまいますから、ゆっくりと呼吸をしながら、体を伸ばすことが大切です。

 

また、日常生活では絶対に動かすことのできない関節内の運動や、普通のストレッチでは動かせない筋肉の調整を行うと、さらに血液やリンパ、神経経路を整えて代謝力をアップさせることができます

(こうしたケアは、私たち『カラダの専門家』にぜひお任せください)。

自分で行うストレッチとインテグラシーケアを組み合わせて、

柔軟性のある身体を作り、太りにくいボディを手に入れましょう。

 

12号②

 

 

 

お知らせ・更新情報過去のお知らせ一覧

体に現れる様々な症状には、根本的な解決が必要です。

お客さまの声

お客さまの声をもっと見る

無料相談窓口03-5511-1591[受付時間] 11:00~20:00 (日・祝 11:00~19:00)[定休日]月曜日