統合自然医科学 インテグラシー

  • プレスリリース
  • 採用情報
  • オンラインショップ
  • インテグラシーカレッジ
  • ご予約・ご質問はお気軽に03-5511-1591
  • メールでお問い合わせ
  1. HOME
  2. インテグラシー 公式ブログ
  3. 健康通信の記事一覧

宴会が多いこの季節、

不調のシグナルを見逃さないように気を付けましょう

 

食欲の空きが過ぎれば、忘年会や飲み会が続き、年末は目の前。

「おなかいっぱい」と言いながらも、目の前の料理やアルコールについついて手が出てしまう、そんな経験は誰にでもありますよね。

 

今回は食べ過ぎ・飲み過ぎと身体に発生する毒素との関連性についてお伝えいたします。

 

食べ過ぎ・飲み過ぎは、ご存じの通り胃腸の負担になります。

しかし、消化・分解のためには胃腸以外にも肝臓、膵臓、胆のうなどたくさんの臓器が活動しているのです。

また、それらの臓器は、消化・分解以外にもさまざまな働きを行っています。

なかでも肝臓は内臓の中で一番大きく、アルコールの分解、解毒作用、ビタミンやミネラルの貯蔵、血糖の調整などのほかに100以上の働きがあると言われています。

そのため、食べ過ぎや飲み過ぎで内臓をオーバーワークさせてしまうと、全身の働きに影響が及び、肥満や内臓脂肪の増加だけでなく、基礎代謝が落ちてしまうのです。

 

さらに、過剰に摂取された栄養分は、体内で十分な燃焼ができず、乳酸をはじめとする燃えカスのような毒素を発生させ、血液を汚してしまいます。

それにより、細胞の老化を早めてしまうのです。

しかも、血液が人体をひと周りするのに要する時間は約35秒。

つまり、食べ過ぎや飲み過ぎは、イチョウや内臓の機能低下だけでなく、短い時間で全身の血液を汚す最大の原因となっているのです。

 

1号①

 

元気な内臓は、毎日のほんのちょっとの心掛けで手に入れることができます。

①よく噛んで食べる。(唾液が分泌され、消化を促進するので、胃への負担が軽減されます)

②食べ過ぎたら腹式呼吸で自律神経をリラックスさせる。(消化器系は興奮状態よりもリラックス状態の時に活発に働きます)

 

もちろん、『食べ過ぎない、飲み過ぎない』が一番の予防法。

楽しく、美味しく食べるのをモットーに、くれぐれも食べ過ぎ・飲み過ぎにはご用心を!

 

1号②

美しい姿勢&動きのキーポイントは、大腰筋にあり!?

 

ポッコリお腹を何とかしなくちゃ…とつらい腹筋運動。

でも、腹筋を鍛えるより、実は大腰筋を活性化させるほうがポッコリお腹には効果的。

 

大腰筋は、腰の骨から伸び、内臓の下をくぐり、骨盤を通り、太ももの内側まで延びているとても長い筋肉です。

股関節を曲げたり、骨盤を安定させて姿勢を保つ役割を担っています。

直立歩行をする人間にとって、大腰筋はなくてはならない大事な筋肉。

歩く機能に必要なだけでなく、腹部の内臓を骨盤内にしっかり収め、すっきり引き締まったボディラインを作る役割も果たしているのです。

 

 

しかし、日常生活では座った姿勢で過ごすことが多いので、大腰筋も縮んだ状態が長く続いてしまいます。

だからといって、歩けなくなるという極端な事態にはならないものの、大腰筋が硬くなったり、弱くなったりすると、骨盤のゆがみにつながり、O脚、腰痛、腹部や鼠径部・脚の痛み、便秘、血行不良、むくみ、冷えなどの原因にもなりかねません。

 

ポッコリお腹を引き締めるだけでなく、こうした様々な不調を起こさないためにも、大腰筋を活性化させましょう。

なんといっても、骨盤まわりの股関節や臀部の筋肉を緩め、日常の動きやクセによる骨盤のゆがみやひずみを整えるメンテナンスケアを定期的に受けるのが効果的ですが、簡単なストレッチや腰部を冷やさない生活習慣を意識することも大切です。

 

大腰筋は大きなインナーマッスルでもあるので、使うことで脂肪燃焼にも有効。

さぁ、ポッコリお腹をすっきりさせて、颯爽としたウォーキングでみんなをアッと言わせましょう。

 

なんとなく気持ちが晴れない・・・と思ったら

頸のコリをチェック!

 

脳に栄養や酸素、必要なホルモンを運ぶパイプの役割を果たし、神経の伝達経路でもある頸は「第2の脳」。

こり固まった状態が続けばさまざまな不調を引き起こしかねません。

最近、気持ちが滅入る、寝つきが悪い、頭が重い、肩がこる…そんな症状を感じている人は、もしかして頸のコリが原因かもしれません。

 

 

頭蓋骨内から出た神経は束になり、頚椎の間を通っています。

そこを取り巻く筋肉がこり固まってリンパの流れや血流が滞ると神経伝達物質がスムーズに運ばれません。

実はこの「神経伝達物質」は、気分の高揚・鎮静など精神状態にかかわる、とても重要な物質です。

そして、頸は神経や物質の大切な通り道でもあるのです。

 

そもそも人間の身体は頸がこりやすいようにできています。

起きている間、約5~6㎏の重さがある頭をずっと支え続けているので、無理もありません。

しかも、パソコン作業などで前かがみの姿勢で過ごすことが多い現代の生活が続くと、頸自体が前傾してしまい、通常の約3倍もの負荷が頸にかかってしまいます。

 

放っておくと深刻な事態を引き起こしかねない頸のコリ。

自分でできる対策としては、まずは温めることです。

緊張状態にある筋肉が緩和し、身体を緊張させる働きのある交感神経が鎮まり、リラックスさせる副交感神経が優位になります。

ホットタオルを頸に当てたり、入浴で全身を温めるのもよいでしょう。

 

ただ、頸とつながっている肩や背中は、なかなか自分ではケアしづらい場所です。

きちんとした知識、技術をもったプロの手によるケアをおススメします。

コリがつらいと感じたときは、サロンでのトリートメントで、大事な頸を労わってあげましょう!

 

 

夏に受けたダメージ。どうやってケアすればいいの?!

 

「夏の強い紫外線もやっと落ち着いてきて、ほっと一安心。

気をつけていたつもりだけど日焼けが心配。

シミになったらどうしよう…」

とドキドキしている方も多いのではないでしょうか?

 

大切なのはこれからのケア。

9月の肌が一番濃くて色ムラも多いというデータもあり、この時期、肌はかなりお疲れ気味といえます。

 

肌は紫外線を受けることにより、その防御反応としてメラニンを生成します。

これが肌色を黒くする理由。

普段であれば、この黒くなった肌は角質となってはがれ落ちますが、夏の過度な日焼けは色素沈着を招き、シミへと発展してしまいます。

実は、肌は常に新しい細胞に入れ替わっています。

 

34号①

 

よく聞くターンオーバーとは、肌の一番下の基底層という場所で新しい細胞が作られ、徐々に表皮へと上昇し、古くなった細胞がはがれ落ちて、新しい細胞に入れ替わることをいいます。

日焼けした肌は、水分が失われて硬くなり、このターンオーバーの働きを大きく妨げてしまいます。

さらに、年齢を重ねることによってこのサイクルが遅くなるのも確かです。

 

疲れた肌に元気を取り戻すためには、まずはこのターンオーバーを促進させ、新しい肌をつくらせることが第一歩。

高いコスメをやみくもに使うのではなく、毎日のクレンジングと古くなった角質を取り除くためのエクスフォリエーションを肌に合わせて月に数回することで、ターンオーバーを促進し、新しい細胞を上に押し上げてくれます。

 

さらに皮膚の下の血流を良くして、内からのパワーもアップさせることが重要。

内と外からのダブルケアで、夏に受けたダメージをはね返し、しっとり色ムラのない肌を手に入れましょう!

 

34号②

 

頭蓋骨は、28個の骨がジグソーパズルのように

組み合わさっています

 

どんなにメークを完璧にしても、瞳が濁っていたり、目が充血していると、なんとなく疲れた印象になってしまいますね。

ビューラーやマスカラで、メジカラをアップするのもひとつの手ですが、あなたが持っている本来の目の力強さや輝きを取り戻したら、さらに魅力がアップすると思いませんか。

 

顔を含めた頭部は28個の骨が組み合さってできています。

眉毛や目の高さが違うといった外見の不均衡、眼精疲労、目の周りのたるみなど。

普段のお手入れでは解決できない症状は、実は頭蓋骨の歪みが原因になっている場合が多いのです。

とくに重要なのが蝶形骨。

目や骨の奥にあって蝶が羽を広げたような形をしており、眼窩を形成する骨の一つです。

 

33号①

 

この骨の真ん中には、たんぱく質を合成し『若返りホルモン』といわれている成長ホルモンを出したり、他のホルモンを出す機関に大きな影響を与える下垂体が収まっています。

蝶形骨の歪みは、他の骨と連動して大切な血管や神経を圧迫し、頭や目に関する症状、首のコリ、ホルモンバランスや生理機能全般にまで、大きな影響を及ぼしてしまいます。

 

この歪みを元に戻すには、頭蓋骨調整が効果的。

呼吸によってわずかに動く頭蓋骨の動きを取り戻すと、脳髄液の流れも良くなり、疲れた脳をスッキリさせることができます。

さらに、後頭骨との関節が緩むことで視神経の緊張が和らぎ、眼圧も適正に保たれので、目の疲れもとれて、自然と透明感を輝きが出てきます。

当然、白内障や緑内障の予防にも役立ちます。

 

目の透明感はけっして外からのケアだけでは取り戻せません。

頭蓋骨調整でキラキラと輝く目を取り戻しましょう。

 

33号②

パソコンの前で毎日をお過ごしの皆さん、

内臓の不調はありませんか?

 

普段、パソコンを使うことをが多い方で、肩こりや腰痛のほかにも、手首や腕の痛み・しびれ、体調不良など、最近、調子がイマイチと感じている方いませんか?

 

実は、これらの症状はマウス症候群といって、パソコンのマウスに関係があるんです。

マウス症候群とは、長時間マウスを使用して手首に負担がかかってしまうことが原因で起こる体の不調のこと。

手首の痛み・ひじや肩の痛み・頭痛・めまい・腰痛・背中の痛み・胃腸障害・むくみ・肌荒れなどが代表的な症状です。

利き手に過剰な負担がかかり、指先を動かす肘下の筋肉にも疲労が起こることで、腕全体の血流が悪化します。

 

しかし、パソコンを使うことで、内臓の不調が引き起こされていると言われても、なぜ?と思う方も多いと思います。

 

32号①

 

実は、腕の神経は内臓や血管をコントロールしている自律神経とも密接に関係しています。

パソコン操作で腕や手首、指先を酷使していると、腕の筋肉や手首のコリを引き起こして、神経や血管を圧迫した状態に。

そして、やがては神経を通して内臓に悪影響を与え始めてしまいます。

 

暴飲暴食はしていないし、生活習慣にも気を使っているのに胃腸の調子がすぐれないと感じている方は要注意。

パソコン仕事が原因かもしれません。

放置していると、自律神経失調症や慢性疲労、さらには内臓の病気にまでつながってしまいます。

 

日常、手を使わない日はありません。

食べることも、何かをつかむことも、書くことも、何気ないしぐさの表現も『手』がすべて行っています。

大事な『手』を自由に使うためには、それを支えている手首・腕こそ、本当にケアすることが必要といえるでしょう。

 

32号②

 

 

ダイエット成功の秘訣は『血糖値』にあるってホント?

 

本格的な夏を前に、雑誌やインターネットでさかんにダイエットの話題が取り上げられていますが、ダイエットを成功させるためには、「やせるメカニズム」をきちんと理解して実行することが、何よりも重要です。

 

実は、ダイエットは「血糖値のコントロール」が、重要な鍵となります。

人間の身体は血糖値が下がったとき空腹を感じ、上がったときに満腹を感じるようにできています。

食事をすると、おのずと血糖値が上がるため、インスリンというホルモンが筋肉や肝臓にエネルギーをたくわえ血糖値を下げようと活発に働き、余分な糖分は脂肪としてためておきます。

つまり血糖値が低い状態=空腹状態とは、エネルギーが筋肉や肝臓に満タンに貯えられている状態だということです。

エネルギーが満タン状態のときに食事をすれば、消費せずにまた貯えてしまい、やせられないという悪循環を繰り返します。

そう、現代の生活サイクルはやせないメカニズムになってしまっているのです。

 

31号①

 

では、どうすればたまっているエネルギー(脂肪)を消費できるのでしょう。

それは「お腹が空いたら食べるのではなく、お腹が空いたら、まず活動してそれから食べる」を実行することです。

血糖値が低い状態で活動すると、グルカゴンというホルモンが身体にたまった脂肪を分解し、エネルギーとして使える形に変えます。

すると、血糖値が上がって、空腹感がなくなるので、食べ過ぎないですむというわけです。

たまっている脂肪をエネルギーに変えてくれる頼もしいグルカゴン。

今年の夏は「お腹が空いたら動く」を実行し、太り体質から脱出してダイエットを成功させましょう。

 

31号②

 

1 / 512345

お知らせ・更新情報過去のお知らせ一覧

体に現れる様々な症状には、根本的な解決が必要です。

お客さまの声

お客さまの声をもっと見る

無料相談窓口03-5511-1591[受付時間] 11:00~20:00 (日・祝 11:00~19:00)[定休日]月曜日