統合自然医科学 インテグラシー

  • プレスリリース
  • 採用情報
  • オンラインショップ
  • インテグラシーカレッジ
  • ご予約・ご質問はお気軽に03-5511-1591
  • メールでお問い合わせ
  1. HOME
  2. インテグラシー 公式ブログ
  3. 健康通信の記事一覧

花粉症対策は、まだ寒いころからスタート。
今年こそ、ツラーイ春とサヨナラしましょう!

 

ちょっと鏡で顔をのぞいてみてください。

目の周りがむくんでいませんか?

そのむくみ、実は花粉症になりやすいサインかもしれません。

 

むくみには腎臓の働きが大きく影響します。

血液のろ過装置の役割をもつ腎臓は、一日に約150リットルもの血液をろ過しています。

実際に尿として排泄されるのは約1.5リットル。

つまり、99%近くの血液を再吸収して、塩分や水分、栄養素をカラダに戻しつつ、老廃物を尿として排泄しているのです。

 

腎臓の機能が低下して、汚れたままの血液が再び体内に戻されると、ウイルスなどの外敵から身を守る白血球が血液中に増え、花粉に対しても過剰なアレルギー反応を起こしてしまいます。

 

また、塩分の処理が適切に行われなくなると、むくみがおきます。

むくみはカラダ中のどこでも起こりうるものですが、顔ととくに目の周りと腎臓は密接な関連があるので、目の周りのむくみにより腎臓の疲れ具合がわかるとされています。

 

27号①

 

では、腎臓を元気に保つにはどうしたらよいのでしょう。

まず高タンパク、塩分の強い食事を控え、腎臓に負担をかけないことはもちろんのこと、常に血流をよくして冷やさないことが重要です。

 

背中側にある腎臓は、とくに背中まわりの筋肉のコリが影響しやすい臓器です。

寒くて筋肉が縮こまっているこの時期、背中のコリをほぐすはお勧めです。

また、目の周りのリンパドレナージュや腎臓との関係が深い大腰筋の強化をすることも、腎臓の機能を高める効果があります。

 

元気な腎臓で、冷えやむくみを撃退し、花粉症の季節を軽やかに乗り越えましょう!

 

27号②

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

 

年末年始はとかく宴会が多いもの。

楽しいときを過ごしているうちに、いつの間にか体重が増えて…。

ついつい食べ過ぎてしまうのには、じつは肝臓の機能低下という秘密が隠されているのです。

 

食事に含まれている炭水化物、たんぱく質、脂質はそのままでは体のエネルギーやカラダつくりの材料になりません。

栄養素は小腸で消化吸収され、門脈という血管から肝臓に送り込まれます。

肝臓では炭水化物に含まれるブドウ糖をグリコーゲンとして貯蔵し、必要に応じてエネルギー供給を行っています。

つまり、肝臓はエネルギーを作り出す工場だけでなく、エネルギーの貯蔵庫としての役割も果たしています。

 

26号①

 

しかし、お酒の飲み過ぎで肝臓がアルコールを処理することに追われていたり、脂質や糖質の取りすぎでフォアグラのようになった肝臓は機能が低下してしまい、十分なエネルギー源を放出できなくなります。

すると、脳がエネルギー不足を感じ、たくさん食べることを要求してしまいます。

そのため、甘いものが欲しくなったり、お酒を飲んだ後、締めにラーメンやお茶漬けを…なんてことに。

 

食欲を抑えられない状態を引き起こしてしまう肝臓の機能低下は、飲酒だけでなく、筋肉のこり、体の歪み、自律神経の乱れなどによる血流の低下も深く関係しています。

肝臓の機能アップを図るには、肝臓と関係ある筋肉を強化したり、ストレッチが有効。

肝臓が元気になると、やせやすい身体になるだけでなく、エネルギーをしっかりと補給できるので、脳もスッキリできるはずです。

 

さぁ、元気な肝臓で新しい一年をスタートさせましょう。

 

26号②

元気のバロメーターは背中の筋肉の柔軟性?

 

筋肉の中を通る神経は、筋肉と同じように伸び縮みを繰り返しながら、その役目を果たしています。

つまり、筋肉と神様は、とても深い因果関係があるといえます。

 

たとえば、長時間同じ姿勢を続けたり、肩や背中に力を入れた姿勢を続けていると、筋肉が硬くなり、やがては神経も伸び縮みしなくなってしまいます。

特に、背骨から伸びた神経は、代謝に関連している内臓につながっているので、機能が低下するだけではなく、体全体の代謝にも大きく影響を与えます。

 

体外から摂取した栄養分は、胃や腸、肝臓などの消化器官で栄養素に分解・貯蔵の処理が行われていますが、こうした物質の化学変化を代謝といい、私たちが生きていくためには、この機能が欠かせません。

そして、これらの代謝がスムーズに行われるよう、ホルモンや酵素を分泌しながら、強力にバックアップしているのが、前述の背骨の神経とかかわりの深い臓器です。

 

これらの臓器が機能低下してしまうと、疲れやすい、元気が出ないなどの症状が現れます。

さらには、糖尿病や肥満、痛風、便秘や下痢などといった病気や不調の原因になってしまう場合もあります。

 

25号①

 

代謝が悪いというこ、プヨプヨと太った人だけを思いがちですが、実は鍛えすぎて筋肉がガチガチな人も代謝機能が低下する場合もあります。

代謝機能をアップさせるには、背中のストレッチや筋肉を冷やさないことはもちろん、背骨から続く一つ一つの神経のこりをケアしていくことが大切です。

 

筋肉の柔軟とともに神経の柔軟を手に入れ、来る冬の寒さを元気に乗り越えるために、代謝をあげていきましょう。

 

 25号②

 

ゴリラと人間の違いは、二足歩行を支える“お尻”にあった!

 

人間と類人猿は、とても類似した骨格・筋肉で構成されていますが、類人猿は人間のように敏速かつ安定した歩行を行うことはできません。

 

それは、脚の筋肉が弱いわけではなく、逆にゴリラには人とは比較にはならないほど強力な大腿四頭筋や、ハムストリングスが備わっています。

しかし、人には発達したお尻の筋肉(大殿筋)があります。

 

それに対し、ゴリラの大殿筋は機能が低く、人に比べてノロノロと足を引きずったような二足歩行しかできず、安定のために補助的に手を地面に付けて四足歩行をしています。

 

類人猿やサルが人間と比べて貧相なお尻なのは、この大殿筋が発達していないためです。

 

24号①

 

 

大殿筋はちょうど歩行の際、支持脚に体重がかかるときに股関節を安定させ、かつ体の中心が前へ倒れないように指示している、いわば体の軸を担う存在。

 

でも私たちは、この大事な筋肉を歩き方や足の組み方、荷物の持ち方といった日々のなにげない動作によって縮ませ、ねじれさせ、徐々にたれ尻にしていっているのです。

 

筋肉がねじれると、骨格も歪んでしまうので、見た目の美しさも失い、やがて腰痛や膝痛、肩こり、首こり、むくみなど、さまざまな不調を引き起こしてしまいます。

 

筋肉を緩めたり、鍛えるだけでは残念ながらヒップアップは望めません。

 

自分で行うエクササイズと日常生活ではなかなか動かすことのできない関節内の運動や運動力学を熟知したプロによるインテグラシーケアを組み合わせて、美しいヒップラインを手に入れましょう!

 

24号②

 

最近、顔の表情がこわばっていませんか?

「小顔になりたい!」と思っている方は、ちょっとお顔を触ってみてください。

ほっぺたの辺りが、なんだかゴリゴリした感じがする、というアナタは要注意!

 

むくみやたるみ、フェイスラインが気になって…と悩んでいる方の多くが、実はくいしばりや顔の緊張が原因で筋肉が硬くなってしまっていることが多いのです。

 

皮膚の下には30個以上もの筋肉が存在していて、重力に負けないようにフェイスラインを持ち上げ、たるみを作らないように頑張っています。

顔の筋肉の中でも頬骨についている胸骨筋、頬筋や、噛むときに使われる咬筋は、その機能低下がたるみや二重あごにとても大きく関連しています。

 

23号①

 

筋肉の中には血流やリンパ、神経などが張り巡らされています。

そのため、筋肉が硬くなってしまうと、

『血液の流れが低下する → 細胞への栄養素の供給が滞りがちになる → 細胞への活性化がスムーズに行われなくなる』

という悪循環を引き起こし、やがて筋肉に弾力がなくなるだけでなく、それらがシミやしわの原因に直接つながってしまいます。

 

くわえて、リンパ液の流れが低下してしまえば、当然むくみやすくなり、神経線維の働きが低下すれば筋肉を動かす機能が低下し、笑顔などの表情が乏しくなってしまうのです。

 

日頃からセルフケアやクリニックのフェイスケアで顔の筋肉を十分にほぐすことによって、血流・リンパ・神経の機能を正常に保ち、シミやしわもなく生き生きした顔色のぷるんとした『最高の小顔』を手に入れましょう!

 

23号②

夏の肌ストレスを一気に解消!

 

あなたは、増えてきたシミを老化のせいと諦めていませんか。

ところが、大人の肌に表れる80~99%の症状が、実は日焼けによるもので、老化が原因のケースはたった10%という見解が、最近では主流となってきています。

つまり、しっかりとケアをすれば、いつでも健康な肌力を保てるということです。

 

シミにはビタミンCが有効です。

しかし、食品やサプリメントでの摂取では、体内に優先に補給されてしまい、皮膚に使われるのは一番最後。

皮膚への効果を期待するなら、化粧品など直接働きかけなければなりません。

しかし、皮膚には異物の侵入を防ぐための「バリアゾーン」があり、水分や一般の化粧品は皮膚の深いところ(角質層以下)にはなかなか浸透していかないのも事実です。

 

22gou

 

そこで、有効なのがイオン導入。

皮膚に弱い電流を流してバリアゾーンを弱め、イオン化した化粧品を皮膚の下に浸透させる方法です。

 

イオン導入のメリットは、「必要な成分を無駄なく、大量に届ける」ということ。

普通のスキンケアは化粧品が自然に浸透していくのを待つしかなく、しかも浸透する成分はとても微量。

ところがイオン導入では、有効成分を大量に皮膚の深いところへ送り込むことができます。

 

さらに、浸透した成分を活用するためには、受け皿となる活発な細胞が必要です。

皮膚の健康には、神経・リンパ・血液・筋肉・骨・ホルモン・内臓などあらゆる体内の要素が関連しています。

顔はあくまでも身体の一部に過ぎません。

身体全体で栄養成分を受け取れるトリートメントをしておくとさらに効果的!

 

活発な細胞にイオン導入することで、カラダの中からキレイが生み出され、輝く肌を手に入れましょう。

 

22号②

夏のダメージに負けない素肌は頭蓋骨が作る?

紫外線のケアは万全。

どんなに眠くたって洗顔は欠かさないし、肌ケアには最大な注意を払っているのになぜか肌の調子が急降下、、、そう感じたことはありませんか?

肌状態が良いときと悪いときでは何が違うのかといえば「深部の組織の循環」です。

目に見えている表皮は、いわば死んでいる細胞。

表皮が元気でいるためには、その下にある、酸素や栄養素を運ぶ毛細血管や、老廃物を処理するリンパ液の流れが大切です。

必要な栄養を摂ったり、紫外線カットや保湿をすることも大切ですが、美肌を深部から作るには、実は頭蓋骨の動きがキーポイント。

成人であれば通常28個の骨で構成されている頭蓋骨は、普段は動いていることに気づくことはありませんが、呼吸と共に0.0何ミリという動きを繰り返し、脳や頭皮・顔の血液の循環を促しているのです。

でも、骨を覆う筋肉の緊張が強いと、この動きが制限されてしまい、血液の循環を著しく妨げてしまいます。

21号①

ちょっと、こめかみを触ってみてください。

トクトクと脈が打っているのが血液を送っているサイン。

ハードワークなどのストレスが続くと、頭痛の筋肉が緊張を起こして、頭痛の動きが制限され、頭部全体の血液循環が悪くなって、肌トラブルへ発展、、、。

逆に筋肉が柔らかくなれば必然的に頭蓋骨は開放されます。

頭を洗うときは、シャワーで刺激を与えながら頭皮を指の腹で前後に左右対称的な動きでマッサージする、顔の表情を大げさに作ってみるなど、ちょっとしたホームケアでも効果はあるはずですから、ぜひ試してみてください。

外からのケアだけではなく、こうしたホームケアとプロの頭蓋骨調整を合わせて、もっともっと肌力をあげていきましょう。

21号②

1 / 3123

お知らせ・更新情報過去のお知らせ一覧

体に現れる様々な症状には、根本的な解決が必要です。

お客さまの声

お客さまの声をもっと見る

無料相談窓口03-5511-1591[受付時間] 11:00~20:00 (日・祝 11:00~19:00)[定休日]月曜日